土地は一定範囲の空中と地面と地中を含めたものです

土地は、一定範囲の空中と地面と地中を含めたものです。不動産としての土地は、人為的に区分された一定範囲の地面のことですが土地を利用する場合は、地面の上の部分の空中や地面の下の部分の地中も利用することがあります。しかし、極端な言い方をすることがないように社会通念の範囲内を利用限度とするのが一般的です。電線を通す場合の空中や地下鉄を通す場合の地中など、公共事業などによって所有権を侵害するような場合は、問題になることがあります。

Copyright ©All rights reserved.所有土地の運用方法について.